スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

missed

とりあえずそこにいた職員に聞いてみる。

するとB35ゲートに行けといわれる。

いっても誰もいない。

人気blogランキングへ
戻ってまた聞く。

すると「NO!NO! Across from…」といっている。

ちゃんと英会話教室で習ったのに~と思いながら

聞き取れなかった自分を鞭打ち、B35に向かいにあるカウンターへ。

で50US$を追加で支払い、次のトロント行きのチケットを

無事買うことが出来た。

今日中に着くことが出来るか?と聞いただけで

誰かと待ち合わせしてるの?とすべてを理解してくれた

空港職員が天使に見えてはいないが、この状況を打破してくれるように思えた。

そして、通話用に5分話せるCalling Cardをくれた。

まだその飛行機に乗ったわけじゃないのでまだ安心はできない。

その飛行機に乗るゲートについてもTORONTOの文字などどこにもない。

というか職員がいない。

まあ大丈夫だろう。

次は待ち合わせしている人に連絡をとろうと試みるものも

そこらじゅうの公衆電話がつながらない。

最初にコインを入れないとだめなのだろうか。

唯一使えた公衆電話で知っている友達の携帯に電話したが

持ち主が変わっていた。

しかし赤の他人ではないらしく無事電話番号を教えてもらおうと

するが、ペンがない。さっきまでそこにあったペンが!!

重たいリュックから日本製の携帯をとりだし、

メモ代わりに入力するが、ここまで時間がかかりすぎ、

5分のコーリングカードを使い果たしてしまう。

姉に言われて、必要ないだろうと思いながら成田でかってきた

kddiのコーリングカードがこれほど頼もしく思えたことはない。

無事に連絡を済ませ、

無事にPEASON国際空港へ降り立つことに成功した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。