スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

club

人生で初めてCLUBというものにいってみた。

多分もう行かないだろう。自分からは。

もう若くない、ということを実感。

あの状況でノルには年をとりすぎている。

glass_20071210095540.jpg

こっちのclubはIDが必須。

そんなとこに行くことを知る由もなかった自分はIDなどもっていなかった。

こっちの免許はもっていないので、パスポートが必要になる。

そんなそんなパスポートをいつも持ち歩いているわけない。

かたくなに態度を変えない入り口に立つセキュリティー。

そんなにclubに興味のない自分のために

やたら厳ついセキュリティーにしきりに頼み込んでくれるわが友人。

それでも決して首を縦に振ることはなかった。

彼のポケットから数字と人物画が描かれた2枚の紙が出てくるまでは。

不可能なことなどないのか。

自分なら態度の頑ななあのセキュリティーに1度、いやせめて2度

首を横に振られたらもうあきらめ、

友人が眩い光と耳が麻痺する寸前の音の旋律の中からでてくるのを

氷点下の中ですなおに待とうと心を決めただろう。

それは死を意味することを知っていたからこそ友人はあそこまで、、、

応援クリックお願いします↓
人気blogランキング
スポンサーサイト

タグ : カナダ トロント club

コメント

No title

私も先日、学校のアクティビティーでClub行ってきました。
私も自分からは行かないけど、アクティビティーで
エントランスフリーだからいいかぁって思って参加したんだけど、
イマイチ乗り切れてない気がw

セキュリティーめっちゃ厳しいですよね!!!
あれには私もビックリしました(-_-;)
私はアクティビティーでまたあのClubだったら行かないけど、
もう一箇所くらい体験してみたいかなぁ。

No title

Colinさん>私の場合は初めてだったからか、やはり<警戒心>が先行してしまうんですよね。貴重品をもってるし、人ごみだし、くらいので。なれれば楽しいのかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。